ビットコインの手数料は取引所によって異なる!

ビットコインは、レバレッジや日本円の入出金、送金を行うときに手数料がかかります。
その手数料は取引所によって異なり、大手の企業によっては高いところもあるので注意しましょう。
そこで、ビットコインを利用するときの手数料についてご紹介していきます。

・取引所の売買の保持に関する手数料について
ビットコインの売買の手数料に関しては無料と掲載されているところが多く、GMOコインやbitFlyer、DMM Bitcinやコインチェックは無料です。
しかし、ビットコインで最も人気の高い取引所のZaifは現物取引でマイナス0.01%と掲載されています。
このマイナスというのはビットコインを売買するたびに、取引所から手数料がもらえるという意味で、たったの0.01%でも売買することが多い人はちりも積もれば山となります。
なので、ビットコインの売買をすることが多いという人はZaifの取引所を選ぶのがおすすめです。
また、FX健玉保有の手数料に関しては、0.04%程度に設定されているところが多く、取引所によっては0.035%に設定されているところもあります。

・ビットコインを日本円で入出金したり送金するときにかかる手数料は?
取引所からビットコインを購入して送金するとき、手数料がかかっていたことに気づかなかったという人も多いのではないでしょうか。
取引所によっては日本円入出金、送金に手数料がかかってしまう場合もあります。
日本円入金の場合は即時入金が無料で、振込入金にかかる手数料は自分で負担をしなくてはなりません。
また、取引所によってはクイック入金をした場合、手数料が発生することもあるので事前に確認をしておいたほうがいいと思います。
日本円出金に関しては無料というところが少なく、350円〜750円程度の手数料が発生します。
ビットコインの送金では無料というところも多いのですが、0.0001BTC〜0.0015BTCの手数料が発生してしまうこともあるので送金をする前に確認しましょう。

ビットコインでは手数料が発生していることを意外と知らない人も多いです。
売買に関しては逆に手数料がもらえるというところもあるのですが、送金については少なからず手数料が発生してしまうので注意しましょう。
また、日本円の入金に関しての手数料は各金融機関によって異なり、手数料がかかる場合は入金する側が支払う必要があります。
取引所によって売買や保持、入金や送金にかかる手数料が異なるので、手数料から取引所を選択してビットコインを利用してみるのもいいかもしれません。